ホームページをご覧になった可愛らしい新入生が通って来られます。
6歳のYUUTA君。ご両親と見学に来られての入門です。

何のお稽古も同じと思いますが、まずはお互いの相性。”息”が合わなくてはなりませんでしょう・・・
そこで体験授業の後に「どう?お稽古できる?」と尋ねると「はい」、そばで「うん」と答えそうになったところをお母さまが注意して・・・
そこに、年は下でも先輩のREO君登場。坊ちゃん二人が両手をついてご挨拶する姿は、なかなか良いものですね・・・

自分の幼かった頃の気持ちを思い出そうとしても無理なのですが、”踊ること”が好きだったという遠い記憶を引っ張り出すことは出来ます。

子共の頃に、なんでも良いのです「好きなこと」に出会えますように・・・