ここのところ、夜の銀座を歩くことが多いのですが、気がつくと街路樹の元の方から虫の音が・・・・
日中は残暑ですが、なんとなく時に追いたてられ落ち着きません。
夏の終わりってなぜか淋しいものですね。

今年の夏はいつになくのんびりモードでしたが、その分自分なりの充電ができた気がします。
行事といえば「盆踊り」があったり(なんとそれがご縁で弟子入りなさる男性あり)
地域に密着できた感じがして楽しかったです。

そして締めくくりは「浴衣浚い」。
みな一段しっかり踊り、良いお勉強になったと思います。そして例の如く、打ち上げは盛り上がり
すっかり千鳥足になってしまいました。

さあ!いよいよ10月6日(木)国立劇場の舞踊会に向かって全てが動きだします。
「朱鷺之會」会長の花柳春先生の会に出演します。
清元「夜の梅」を松井誠丈と踊らせていただきますが、そのお稽古が9月7日から始まります。
緊張感をもっての第1回めのお稽古になるでしょう。
これから仕上がりまでを、お伝えしていけたら良いと思っています。